老健・老人病院の看護師業務について教えて!医療行為はどの程度ありますか?

老健や老人病院は、慢性期になったけれども、多少の医療を要したりして、在宅で過ごすにはまだ困難な高齢者の方々が入所や入院しています。

 

老健は本来、在宅復帰支援施設なのですが、特養の入所までの待機として使われる傾向もありますね^_^

 

しかし、基本的には、リハビリなどを行い身体機能の向上や維持を目的としています。

 

老健や老人病院での看護師の仕事は、そういった患者さんや利用者さんの体調管理が主な仕事です^_^

 

毎日のバイタル測定や、褥瘡、傷などの処置、薬の管理を行います。

 

必要に応じて、吸引や経管栄養の管理、フォーレ交換、ストーマの管理などの医療行為も行います。

 

体調の悪い方には、主治医や施設医の指示に従い、点滴や内服で改善をはかります。

 

寝たきりの方は、尿路感染症を起こしやすかったり、肺炎をおこしやすいですし、脱水にもなりやすいですね( ;´Д`)

 

基礎疾患をもっている方たちですから、そういったことから命に関わるほどの状態を引き起こしかねません。

 

ですから、看護師は少しの変化から異常を早期に発見する努力を怠ることはできませんね(・_・;

 

老健や老人病院では医療行為が少ないと言われますが、実際急変やステルベンも多くありますし、仕事は山ほどあります。

 

高齢者は、突然何が起きるかわかりませんからね(゚Д゚)

 

また、脳梗塞後の後遺症の方が特に多く、他にいくつも疾患を併発されています。
ですから、インフルエンザやノロウイルスといった感染症は命に関わることもありますし、蔓延すると大変なことになります( ;´Д`)

 

そういった事から、感染症対策なども看護師にとって大事な仕事の一つになります^_^

 

楽をしようと思えば、楽に働く事もできますが、患者さんや利用者さんとのコミュニケーションをはかりながら、必要とされる医療を自ら見つけていくと、やりがいのある仕事になりますよ^_?☆